Football in My Life

アクセスカウンタ

zoom RSS ツートップ戦略、破綻。

<<   作成日時 : 2013/08/14 08:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

やはり私以外にも、
今季上位にいる大宮の
監督解任には衝撃を受けた
方が多いようで、
ネットに様々な憶測が
語られている。
たしかに思い出してみると、
好調時に小倉ヘッドコーチを
強化部のデレクターに就任させる、
というのは、ちょっと理解できなかった。
それは現場でしかわからないこと
なのかも知れない。

新聞報道でも、
「監督の求心力が低下した。
 その理由は・・・。」
と書かれているが、
まったくそれが理解できない。
たしかに5連敗したかもしれないが、
その前は21戦負けなし、
である。

毎年毎年J2降格の危機にあるチームが、
監督交代によって激変したのである。
たしかに、
そこにはコーチングスタッフの手腕も
あるのかもしれないが、
現場の責任者は監督である。
監督の先見が見誤ることがあれば、
どんなに優秀なコーチングスタッフでも
結果は残せない、と思う。

私、ロベルト本郷猛は、
アマチュアながら、
サッカーの指導者です。
しかも、指導することよりも、
本気の試合での駆け引きに
魅力を感じている、
つまり監督業に魅力を感じている人間です。

たしかにこれまでも、
球団が選手側を守るために
豪腕監督を解任した例は
多々あります。
ジュビロ、浦和、・・・。
一方で、
監督が変わっただけで、
チームが変わった例も多々あります。
たとえば、浦和。
フィンケ→ゼリコ・ペトロビッチ
→ミハエル・ペトロビッチ

チームはまったく変わります。
それが監督の力。
もちろん、選手の力あってですが、
先ほども書いたように、
監督がアホだったら、
選手は力を発揮できません。

いやあ、思い出してしまった。
若いときに、
「監督のお前がバカだから、
 いい選手がいても勝てないんだ。」
「お前のメンタリティでは、
 選手がかわいそうだ。」
ああ、思い出してしまった。

正直、今回の大宮の監督交替劇は、
親会社でもあり、
メインスポンサーの意向なのかな、
と思いました。
勝っているときは、
「一番得をしているのは、
 NTTドコモ」
とか、いろいろと書かれましたが、
NECのスマフォ撤退から、
NTTドコモの「ツートップ戦略」は
悪い方の流れに行った様相です。
おっっと、
ベルデニック監督と小倉デレクターも、
見かたによってはツートップ戦略ですね。
ああ、ツートップ戦略が破綻したのか!

やばい、このブログ、
NTTの謀略によって消させるかもしれない。
えーと、
うちのプロバイダはBIGLOBE。
これって、NTT系?
違うよね?

みなさん、また会える日を!

まあ、以上は冗談として。
さて、結論的には、
こうやって外野が騒ぐのは勝手だが、
現場はどうなんだろう?
現場にしかわからないことは
いろいろとあると思うが、
こう毎年毎年、
シーズン途中で監督が交代したり、
やたら良い選手を補強したりして
J1残留をしているチームが、
勝ち点50を取れなくなりそうだから
監督交代します、
って言ってもね、・・・。
なにか、体質的に問題が
あるんじゃあないかと。

他人の家の問題だけではないけどね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツートップ戦略、破綻。 Football in My Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる