Football in My Life

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ、サポーターがJリーグ改革に反対するのか?

<<   作成日時 : 2013/09/16 09:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

先週末、J1リーグの各会場で、
Jリーグの2ステージ制にする改革案に
反対する横断幕がたくさん掲げられた、
という。
どうしてJリーグにもっとお客を
集めて盛り上げようとする改革に
反対なのか、正直、理解できない。
欧州サッカーを見ても、
スペイン、ドイツ、イングランド、
イタリアのトップリーグを除いて、
シンプルなホーム&アウェイの
2回総当りのリーグ戦で
順位を決めている国は少ないのに。

それでも、欧州はまだいい。
欧州チャンピオンズリーグや、
欧州リーグがあるので、
各国リーグだけでなく、
他国の強いチームと
地元のチームが試合することが
たびたびあるので、
刺激には満ちている。

それでもイングランドでさえ、
プレミアリーグ昇格に
よくわからない方法の
プレーオフ制度を設けて、
2部リーグにあたる、
チャンピオンシップが
最後まで盛り上がるようにした、
という話を2年前くらいに聞いて、
「ああ、サッカーの母国でも
 そうやって衆目を集めてしるんだなあ。」
と思ったものである。

昨シーズン、
J2で、3位〜6位でミニトーナメント
を行い、勝ち上がったチームが
J1に昇格という、
プレーオフを行ったが、
引き分けなら通年で順位の上の
チームの方が勝ちという、
大会規定が、それをさらに盛りあげた。
それで6位の大分トリニータが
J1に昇格することになった!

今季の大分の惨状は、
説明するまでもないが、
昇格するチャンスがあるならば、
勝ちたいのが選手やスタッフの
気持ちである。
たった1年でまたJ2に
戻って来ることになったとしても、
J1のキラキラした世界に行きたい。
それを、
短期決戦という、
イレギュラーかもしれないけれど、
それで広告収入が増え、
また消化試合が少なくなるなら、
良い方法では」ないだろうか?

最後まで勝ち負けで
来季の状況がどうなるか
わからないことの方が、
プロサッカーという
ショービジネスには欠かせないのだ。

玄人にとっては、
通年リーグが世界のトップと同じなので、
通好みなのかもしれないが、
観客も減り、広告収入が減っている
現状では、それだけでは苦しい。

Jリーグがジリ貧なことに
熱心なサポーターは気づいていないのか?
私はフットサル、Fリーグも見るが、
Fリーグはもっと苦しい。
それで、「キングカズ参戦」という、
究極の裏ワザを使って、
プロモーションを行った。
しかし、もう、その効果はほとんどない。

サッカーが好きな人だけが
Jリーグの試合を見ればよい、
というのは
本当にサッカーを愛している人の
態度なのであろうか?

熱心なサポーターの
年間チケットをどれだけ値上げしても、
選手の給料を払うことはできない。

Jリーグの改革に
理解をしめしてほしい、
と半分外国人の私は思う。
そうしないと、
JリーグをTVで見ることが
できなくなってしまうのではないだろうか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
私は反対ですね。プロ野球の現行システムでも、下克上が発生した場合、マスコミや当該球団のファンは大騒ぎですが、多数はしらけてました。
年間勝ち点1位が優勝するのが一番望ましい。
結局、得するのはJ本部だけですよ。
マウリシオ
2013/09/17 22:23
私は反対です。勝ち点が一番多いチームが優勝じゃない。JFAが収入増えてもクラブに対して新スタジアムや改修の資金を出してくれるわけではない。ポストシーズンぐらいだけ地上波で放送したぐらい観客が増えるの?いまいるファンに説明もなしでなおかつ短期間で決めたことなど不満だらけです
イチ
2013/09/19 01:23
マウリシオさん、イチさん、
コメントありがとうございます。
本文の方で、
返答させて頂きます。
ロベルト本郷猛
2013/09/22 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
なぜ、サポーターがJリーグ改革に反対するのか? Football in My Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる