Football in My Life

アクセスカウンタ

zoom RSS プロであるならば。

<<   作成日時 : 2013/09/22 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

Jリーグが2ステージ制に戻し、
プレーオフを行うことが決定した。
先日、この決定はもっともだ、
サポーターも理解を示して欲しい、
とブログに書いたところ、
二人の方から批判のコメントを頂いた。
ちょうど、1年前なら、
私もそう思ったかもしれない。
たしかに、年間総勝ち点が
一番のチームが優勝にふさわしい、
Jリーグ黎明期のような、
2ステージ制、毎試合Vゴール、PK戦
まで行い、勝ち点を3,2,1,0とつけるのは、
サッカー先進国ではやっていないし、
テレビ放映の延長にも課題は残る。
毎週末、同時刻同日開催で、
ホーム&アウェイの総当り2回戦。
そして優勝すれば、
チャンピオンズリーグや
UEFAカップのアジア版に出場でき、
アジアでも優勝すれば、
欧州チャンピオンとガチンコの試合ができる、
それが日本フットボールの
リーグ戦の理想、と思っていた。

ところが、
まだ最終節まで優勝争いが残れば、
NHKも地上波を使って、
その優勝争いの試合を同時中継して
盛り上げてくれるが、
昨シーズンのように、
最終節の前に優勝が決まってしまっては、
NHKがいくら盛り上げようとしても、
もうそれは不可能だ。

冷静に見て、
もうJリーグが地上波で放映されることはない。
スカパー!に加入した人か
スタジアムに行く人しか観ない。
そして、その人数は少なくなっている。

ところが、
ヨーロッパの試合は、
同じNHKのBSでも、
毎週3〜4試合、放映されている。
月曜や火曜の朝、
Jリーグの結果は朝のニュースにでなくても、
欧州で活躍する日本代表選手の
ニュースは流れる。

それがJリーグの現実である。

それと同じようなことを
昨シーズン、私はFリーグで見た。

アジア選手権の決勝に進出したあと、
つまりフットサル・ワールドカップの
出場権を獲得したあと、
NHKは決勝をBSで放映した。

そして、フットサル日本代表を盛り上げるために
キングカズが、Fリーグに呼ばれた。
そして、フットサル日本代表に呼ばれた。

しかしながら、
Fリーグの観客動員数は伸びなかった。
「フットサルって面白い。」
って言った人は多かったが、
じゃあ、Fリーグに行く、
FリーグをTVで見たい、
という人は増えなかった。

そして、Fリーグはプレーオフ制度を
設けた。

正直、Fリーグは
名古屋オーシャンズが連覇し続けているので、
これは名古屋オーシャンズに対するあてつけか、
と思った。
しかし、名古屋オーシャンズも
Fリーグの加盟チームである。
「Fリーグの定めた規定に基づいて、
 優勝を目指す。」
と言った。
そして、すべてのリーグ戦に負けることなく、
そしてプレーオフにも負けることなく、
優勝した。

Fリーグは厳しい。
フットサルは見ても、やっても面白いが、
だからと言って、
観客が増えるわけでも
TV放映がされるわけではない。

Jリーグも、
確実にレベルは上がり、
面白い試合は増えている。
ここ数試合の中村俊輔の
プレーを見ていれば、
「なぜ代表に呼ばない?」
っていう意見はもっと出てもいいだろう。
柿谷は遅いくらいだ。
森重も。
ジュビロから選手を呼ぶ必要はない。
1億円プレーヤーがいるチームが
J2にいるってどういうことだ?
それで大分が勝ち点10ってどういうことだ?
多くの人が
JリーグをTVでも見ていれば、
客観的な意見が出て、
メガコンテンツの日本代表戦は、
あんな解説者の出る幕ではない、はず。
もっと論理的に、
わかりやすく、そして視聴者も
テンションが上がるような
コメンテーターが育つはず。
でも、
地上波でJリーグをやらないから、
サッカーに強く関心を持たない層の
方々の目や耳を肥やすことができない。

もう何年も民放地上波で、
Jリーグが放映されないことに
非常に不安を覚えている。
地上波スポーツニュースでも
放映時間は野球の半分にも及ばない。
ゴールシーンもほんの少し。
アクロバティックなゴールしか、
日本代表のゴールしか、放映されない。

Jリーグバブルは、
本当にバブルだった。

そのようなJリーグに
どれだけのスポンサーが集まるというのか?

ところが、
この7月、ビックリするようなことが起きた。
マンU対マリノス戦が
ゴールデンタイムに放映されたのだ。
マンUは開幕前の
キャンプ中の試合、
マリノスも、
Jリーグ中断期間の、
たかが練習試合が、
TVで放映されたのである。
マリノスの奮闘で、
試合は盛り上がったが、
質は最悪だった。
マリノスはよくやったが、
マンUもコンディションは酷かった。
それでマンUはマリノスに負けた。
でも、MVPは
負けたマンUの香川だった。
スタジアムでは
すごいブーイングが響いたが、
録画を見直すと、
その声はTVでは伝わらなかった。

それがJリーグ、
いや、日本のサッカーの現実なのだ。

ガチンコのJリーグの試合が
ゴールデンタイムに放映されること無く、
茶番の試合が放映される。
どうしてか?
それはみんなが見たいと思っているので
スポンサーがつくからだ。

スポンサーだって辛い。
このご時勢、
スポンサーする甲斐のない
試合をスポンサードしても
それは会社のためにならない。
広告にならなければ、
スポンサーをする意味がない。
統計を取れば明らかだ。

将来の日本のサッカーのために、
多くの大人にJリーグを知ってもらうために
多くの大人にサッカーを見ることの
面白さを知ってもらうために、
いまはレギュレーションを少し替えて、
シーズン終盤に、
選手も観客もピークに持っていけるように、
いまはプレーオフを導入すべきでは
ないでしょうか?

フットサル、Fリーグのプロチームは
名古屋オーシャンズだけ。
名古屋オーシャンズはその強さを見せ付けたが、
他のアマチュア混在のチームは、
とにかくプレーオフに残り、
ルール上、名古屋オーシャンズの
連覇を阻止しようとした。
その両者のプライドに、
私は感動した。

多くの人が見たいという
プレー、試合をするのがプロの使命。

サッカーのプロ選手、
プロ球団の、いますべきことは
明らかだと思うのですが、
いかがですか?

私にはいまのJリーグはジリ貧に見えます。
毎週末、NHKBSのJリーグタイムを
リアルタイムで見ている人は
私と私の息子以外、知りません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おっしゃることはわかりますが、今回の改革案は正直無理が多いと思います。詳しくは、こちらをお読みください。
http://hsyf610muto.seesaa.net/article/374994710.html
マウリシオ
2013/09/23 23:11
マウリシオさん、
コメントありがとうございます。

しかしながら、
やはり私の意見はかわらず・・・。
年間総当り2回戦のリーグが、
公平で成熟した大会形式で
あることは理解できますが、
欧州チャンピオンズリーグでも、
UEFAリーグでも
決勝はホーム&アウェイでなく、
中立地での一発勝負なのは、
やはり天国と地獄の
ドキドキがファンの
心をひきつけるのではないでしょうか?
ロベルト本郷猛
2013/10/02 22:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
プロであるならば。 Football in My Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる