Football in My Life

アクセスカウンタ

zoom RSS スタジアムに観客を、地上波でJリーグを。

<<   作成日時 : 2013/10/04 09:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

大宮アルディージャの
弱体化ぶりがすさまじい。
監督交代後、
積み上げた勝ち点は
わずかに3。思えば、
観客数水増しも大宮だった。
スポンサーに好印象を
持たれる為の水増し。

大宮が無敗記録を
更新しているときは、
「一番、得をしているのは
 胸のスポンサーの
 NTTドコモ。」
見たいな記事も、
サッカー週刊誌だけでなく、
一般の週刊誌にも書かれた。

勝てばいい。
かって話題を振りまくことが
できればいい。
日本代表も、そう。
何の大会か、
大会のレベルがどうか、
ということは問題ではない。
もちろん、サッカーの質も。
とにかく、
地上波で放映され、
日本代表が勝つこと。
これが、多くの人の関心を引きつけ、
話題になる。
まえあ話題になりそうだから、
雑誌で取り上げられ、
雑誌にも広告収入が入る。

週刊サッカーマガジンが、
週刊誌であることを止める。

1993、Jリーグが始まった年、
月刊から、月2回の発刊になった。
そして2002の日韓ワールドカップの年、
「無理だろう?」
と思惑にはずれ、
サッカー週刊誌が、
サッカーマガジンと
サッカーダイジェストと2冊
出来ることになった。
それから10数年、
まずサッカーマガジンが、
週刊を諦めることになった。

正直、サッカー週刊誌の広告に
「あれ?子どもも見るのに
 この広告はまずくない?」
と思うような広告が増えてきた。

その後、サッカーマガジンは、
アディダスの広告紙のように
なってきた。
アディダスのスパイクを履いている
選手がなんか紙面に多くなってきた、
と感じた。
真実はわからないが、
とにかく週刊サッカーダイジェストとは
明らかに何かが違う。

その前に、
欧州サッカー情報を
独自の切り口で発信する、
週刊フットボリスタが
週刊をやめ、月刊に移行した。
「戦術リストランテ」など、
興味深い連載もたくさんあったし、
巻末のコラムは、
サッカーのせいで、
大学院を中退してしまった?
多くの人たちの
論理的かつ独創的な文章が
魅力的だった。それでも・・・。

内容や質ではない。
勝つか、負けるか。
週刊サッカーダイジェストの
加部究氏は、
「擬似決勝戦」
という造語用いたが、
日本人はそれが好きなのである。
勝ち負けを決める一発勝負。

いや、欧州だってそうだ。
負けると勝つとで大違い。
欧州チャンピオンズリーグの
決勝はホーム&アウェイで行わない。

バイエルンがマンUに大逆転負けをすることも、
ミランがリバプールに大逆転勝ちすることも、
ジダンの華麗なボレーが決まるのも、
シーズン終盤の、
観客も選手もテンションとコンディションが
ピークになったときに、
ドラマは起きる。

もちろん、プロはプロだから、
いつの試合もコンディションは
ピークであって欲しいが、
それでもシーズン終盤の
極限状態は、また違うと思う。
通年で消波を決めるのが
先進的なサッカー国のリーグである、
というのは理解できるが、
日本はJリーグがすべて。
アジアチャンピオンズリーグの
位置づけは天皇杯より低いように
Jリーグ、欧州リーグ大好きな
私から見ても、そう映る。

サッカー全般は、
多くの人に認知され、
お金もたくさん動く市場になったが、
Jリーグは衰退している。
J1リーグはまだしも、
J2リーグは、
もはやプロリーグと呼べる
観客数なのであろうか?

なんとかしなければならない。
広告を、スポンサーを
集めなければならない。

私は私で、仕事の都合もあって、
独自の研究を始めました。
「マスコミの統計を疑うこと。」
数学科でしたが、
統計には全く興味がわかず、
まあ1科目の単位をとるだけで
卒業しましたが、
売れてる本のように、
おおくのスポンサー企業は
統計の数字で動かされているよう。

だったら、
その統計の数字を
どう切り取るか。
データサイエンティスト、
それが大衆を扇動する。

地上波でJリーグが放映されるように、
独自の研究を始めよう、
独自の活動を始めよう
と思う、ロベルト本郷猛でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まず、プロ野球の、しかも巨人戦ですら、ほとんど地上波で放映されない現状を確認してみてください。
カテゴリーの魅力やスポンサーの問題では無く、テレビというメディアにおけるスポーツ放送のあり方が、過渡期にあるのだと思います。
マウリシオ
2013/10/04 21:40
マウリシオさん、コメントありがとうございます。
なるほど。たしかに、
視聴率のドル箱と言われた
プロ野球の地上波放映も、
ゼロではありませんが
激減しましたね。
以前、野球の延長放映が、
ドラマの録画をしている人に
嫌われている、という記事を
見たことがありますが。
さて、どうして、
スポーツ番組がゴールデンタイムに
放映されないのか?
ロベルト本郷猛
2013/10/06 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
スタジアムに観客を、地上波でJリーグを。 Football in My Life/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる