カズとラモスとオフトとドーハ。

昨日発売の スポーツ・グラフィック誌「ナンバー」の 特集は、サッカー日本代表の いわゆる「ドーハの悲劇」だった。 新聞朝刊の広告でこれを知った私は、 最寄り駅のコンビニでナンバーが 販売されていたことを思い出し、 出勤途中にこれを買った。 そして、暇な時間は、 ナンバーのこの特集を ずっと読んだ。 1993年、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不幸な背番号10。

観戦記 日本vsベラルーシ。 また歴史は繰り返された。 スタメンがセルビア戦と同じ、 ということでザッケローニの 慎重というか硬直というか、 ある種の閉塞感を感じて、 試合を見ることになった。 ベラルーシのプレスが セルビアほどもないので、 日本代表がパス回しで 主導権を握るのには、 前回ほど時間はかからなかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観戦記 日本vsセルビア。

相手DFの背後へ走れ! シュートコースが空いたら、 ミドルでもシュートを撃て! とにかく、 戦術なんだろうけど、 相手ゴール前のチャンスで、 シュートを撃つまでに パスをつなぎすぎる。 大柄な欧州人を相手に、 あのシュートを撃つまでに 時間が掛かりすぎることは、 得点機を逃す結果になっても仕方ない。 最後の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らぬ間に、いろいろ動いている。

なんと、仙台の手倉森監督が、 リオ五輪サッカー日本代表監督に就任。 オシム氏に続き、 また日本サッカー協会は、 現役Jリーグ監督を引き抜くのか! いいのか、仙台。 って、また原強化委員長も、 「ダジャレが・・・。」 とか言っている場合じゃ、ないだろ。 手倉森監督といえば、 4-4-2コンパクトフットボールの信奉者。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

視聴率はどう作られる?

久しぶりにサッカーの観戦記から。 NHK・BSで放映された、 ヴァンフォーレ甲府vs横浜Fマリノスは たいへん見ごたえのある試合だった。 甲府は、5-4-1ともいえるシステム。 攻めるときは3-5-2のようになるが、 堅守速攻に徹し、 チャンスを少ないながらも 決定機に結びつける。 一方で、 マリノスは4-2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

地上波でスポーツ番組を見る。

先日頂いたコメントに書かれていたように、 サッカーに限らず、 日本の国民的スポーツ「プロ野球」でも 地上波によるゴールデンタイムの放映は 激減している。 読売系の超人気球団である 「巨人戦」であっても、 優勝が決まるかもしれない試合も はじめから放送予定されていない。 でも、それでも、 予定番組を吹っ飛ばして 放映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スタジアムに観客を、地上波でJリーグを。

大宮アルディージャの 弱体化ぶりがすさまじい。 監督交代後、 積み上げた勝ち点は わずかに3。思えば、 観客数水増しも大宮だった。 スポンサーに好印象を 持たれる為の水増し。 大宮が無敗記録を 更新しているときは、 「一番、得をしているのは  胸のスポンサーの  NTTドコモ。」 見たいな記事も、 サッカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

28歳からの就職。

先日、サッカー関連誌のコラムを 読んでショックを受けた。 「プロサッカー選手も27、28歳まで。  日本代表レベルでなければ、  そろそろ就職を考える。」 文脈も主旨も全く覚えていない。 とにかく、この言葉がショックだった。 同時に知り合いが、 教え子の元Jリーガーの 現在の職業を教えてくれた。 やはり丈夫な体を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロであるならば。

Jリーグが2ステージ制に戻し、 プレーオフを行うことが決定した。 先日、この決定はもっともだ、 サポーターも理解を示して欲しい、 とブログに書いたところ、 二人の方から批判のコメントを頂いた。 ちょうど、1年前なら、 私もそう思ったかもしれない。 たしかに、年間総勝ち点が 一番のチームが優勝にふさわしい、 Jリーグ黎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

元気ですか、アルバニアのおじいさん。

先週のサッカーマガジンに、 見慣れない国名の代表チームの エンブレムのイラストがあった。 「アルバニア・・・?」 どっかで聞いたことがある国名だが、 よく覚えだせずに2~3日が経った。 超多忙だった週の仕事が終わり、 週末、ゆっくりと半身浴しながら 週刊誌を読むのが 私の至上の瞬間。 それでサッカーマガジンを …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ、サポーターがJリーグ改革に反対するのか?

先週末、J1リーグの各会場で、 Jリーグの2ステージ制にする改革案に 反対する横断幕がたくさん掲げられた、 という。 どうしてJリーグにもっとお客を 集めて盛り上げようとする改革に 反対なのか、正直、理解できない。 欧州サッカーを見ても、 スペイン、ドイツ、イングランド、 イタリアのトップリーグを除いて、 シンプルな…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

名古屋オーシャンズの不遇。

日本フットサル史上、 現時点で最強のチーム、 名古屋オーシャンズから 寂しいニュースが3つ届いた。 忙しくて、アジアクラブ選手権も 応援に行けなかったが、 アジア・フットサルで もうひとつの強豪国イラン代表に、 残念ながら準決勝で負けたようだ。 サッカー専門新聞エルゴラッソに拠れば、 フットサルらしからぬ肉弾戦だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殿の乱心。

先週土曜日から昨日まで、 柏のネルシーニョ監督の辞任発言、 そして辞任撤回まで、 本当にドキドキした。 たしかに、Jリーグ優勝は、 現実的でない目標かもしれないが、 ナビスコカップ、ACL、 そして天皇杯と、 多くのタイトル獲得のチャンスが 柏レイソルにはあるからだ。 選手のほうも、 球団のほうも大人の対応をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TV観戦記 鳥栖vs大宮。

鳥栖の激しいプレスも功を奏したが、 大宮はなんかバラバラになっちゃたな、 という印象。 もうしかすると、ベルディニック氏が 監督していてもそうだったのかも 知れないが、 もう期待できるものがない。 きちっとしたスタイルが失われた。 ベルデニック氏が監督在任中、 連敗が始まったころ、 暑い夏場はDFラインを下げるよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もはや寄せ集め集団。

日本代表vsウルグアイ代表戦、 多くの視聴者同様、がっかりした。 もはや、怒ってます、どころではない。 新生バイエルンの試合を 見た後だっただけに、 よりがっかりした。 組織サッカーがまったくない。 守備は酷いが、 攻撃はもっと酷い。 途中から、ウルグアイのプレーに 見とれてしまった。 「勝つために」 スペー…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱ、Jリーグでしょ!

日本代表クラスのFWが 次々とJリーグに帰ってくる! イタリア・カターニャの森本 →J2のジェフ千葉(完全移籍)、 ドイツのデュッセルドルフの大前 →清水へ帰還(期限付き) ベルギーのスタンダールの FW永井謙佑→名古屋へ帰還(期限付き)。 そうだ、そうだ。 Jリーグでいいじゃないか! たしかにヨーロッパへは行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

求道者。

君は、バイエルンの開幕戦を見たか! グアルディオラが帰ってきた。 そして、なんとバイエルンで、 FCバルセロナがやっていたような フットボールをしている! フットボールの求道者、 ジョゼップ・グアルディオラ(以下、ベップ)が 本当に帰ってきた。 しかし、1970年代に デンマーク代表のアラン・シモンセンを擁し、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツートップ戦略、破綻。

やはり私以外にも、 今季上位にいる大宮の 監督解任には衝撃を受けた 方が多いようで、 ネットに様々な憶測が 語られている。 たしかに思い出してみると、 好調時に小倉ヘッドコーチを 強化部のデレクターに就任させる、 というのは、ちょっと理解できなかった。 それは現場でしかわからないこと なのかも知れない。 新聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ズデンコ・ベルデニック大宮監督解任。

個人的には、衝撃が走った。 たしかにこのところ5連敗したが、 東欧コネクションを利用し、 的確な補強をしたと同時に、 ゾーンディフェンスを確実に 伝道した大宮アルディージャの ベルデニック監督をチームが解任した。 まだまだこの国では、 ゾーンディフェンスの理解が浅い、 と見られる。 失点を減らす、 効率的な守備…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暑いから、ってなんなんだよ。

プロサッカーの実況、解説者の方に言いたい。 暑くて、過密日程だから、 選手も大変なんです、っていうのはやめろ! 大変なのは、選手だけじゃない。 数千円のチケットを買って、 子どもをつれて観にいく大人も たいへんなんだよ。 数百万円の年収のサラリーマンが、 数千円のチケットを買って プロサッカーの試合に見に行くことが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more